バリスタに求められる力 バリスタ!バリスタになる!エスプレッソのプロになる

バリスタ!バリスタになる!エスプレッソのプロになる 目次





バリスタ!バリスタになる!エスプレッソのプロになる

<目 次>


 ■専門学校でバリスタについて学ぶ

 ■バリスタとは?

 ■バリスタについて企業の講習会で学ぶ

 ■バリスタについて、自家焙煎店の講習会で学ぶ

 ■バリスタについてカルチャースクールなどで学ぶ

 ■バリスタの仕事

 ■バリスタになりたいあなたへ。

 ■バリスタに向いている人

 ■良いバリスタの条件

 ■バリスタ、バリスタって言うけど、バリスタって何?

 ■バリスタになるには

 ■バリスタになるには? 独学ではバリスタになるのは無理?

 ■バリスタへの近道 バリスタとして働き、経験を積む

 ■バリスタに求めらる力  体力

 ■バリスタに求めらる力  精神力

 ■バリスタに求めらる力  知力

 ■バリスタ基礎知識 エスプレッソのイメージ

 ■バリスタに求めらる力  運営能力

 ■バリスタに求めらる力  接客力

 ■バリスタに求めらる力  忍耐力

 ■エスプレッソマシンを選ぶ4つの注意点

 ■バリスタ、デザインカプチーノ、アレンジカプチーノレッスン

 ■お店のコンセプトにあった豆選び

 ■コーヒー豆の保存

 ■エスプレッソ コーヒー豆のマメ知識

 ■「コーヒーの日」にヒルズでコーヒーの祭典

 ■バリスタとして、カフェ・バール開業の夢を実現する

 ■スターバックス とっておきの朝、はじまる

 ■有楽町『イトシア』にドトールは新業態「バリッシモ」を、
  プロントはespressamente illy(エスプレッサメンテ・イリー)


 ■バリスタとしての知識とスキルを学ぶ

 ■バリスタの知識が学べる本

 ■儲かる飲食店になる方法

 ■無料体験で1日カフェオーナーはどう?

 ■バリスタとして自分のお店を持つには?

 ■コーヒー、バリスタのセミナー、体験スクール紹介

 ■バリスタの知識が学べるスクール紹介


 辻調理師専門学校のカフェクラス 資料は必見(無料)

 カフェオーナーをめざせるスクール一覧

 バリスタを仕事にする。バリスタの仕事を探す








-


ジャパンバリスタチャンピオンシップチャンピオン決定





ジャパンバリスタチャンピオンシップ2008が3月11日
開催され、2008年度のバリスタチャンピオンが決定しま
した!



2008年度の栄えあるジャパンバリスタチャンピオンは、


  竹元 俊一 さん


鹿児島県にある、井ノ上珈琲有限会社というよりもヴォアラ珈琲
といった方が良いのかもしれませんね。
  ⇒ 2008年大会の結果はコチラ


竹本さんは、2006年大会でも優勝をしている方で、その時は
カフェロッソの門脇 洋之さんを抑えての優勝でした。



今年は、NHKの大河ドラマ篤姫も舞台が鹿児島。
そして、このバリスタチャンピオンシップの優勝者も鹿児島の
ヴォアラ珈琲の竹本さんということで、どうやら今年は鹿児島
が大注目かもしれませんね。



篤姫ゆかりの場所などを観光しながら、ヴォアラ珈琲でバリスタ
チャンピオンのコーヒーを飲んでみる。



素晴らしい旅の思い出になりそうですね。





ヴォアラ珈琲 国分本店
〒899-4332霧島市国分中央5-3-17
Tel:0120-86-4151/Fax:0120-4151-89
営業時間AM10:00〜PM 7:00火曜定休

ヴォアラ珈琲は、コーヒーやコーヒー器具などのオンライン
ショップも運営しています。

 ヴォアラ珈琲オンラインショップ




門脇 洋之さんの本 エスプレッソブック
   
     



ヴォアラ珈琲に便利な鹿児島のホテル・宿の予約を探す








スターバックスラテのクイズでバリスタ体験!





すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、現在
スターバックスファンには興味深いクイズをスターバックスの
サイト内で行っています。


それが、コチラ


  http://www.starbucks.co.jp/secret/index.html



スターバックスラテの秘密

ってタイトルなんですが、クイズは全部で10問あって、8問
以上正解した方に、プレゼントが!


正解数によって、プレゼントの内容も変わってくるようですが、
スターバックスのオリジナルスクリーンセイバーや、ブログ
パーツなんかがもらえちゃうそうです。


さらに、バリスタを目指す人には、嬉しいプレゼントも!

それは、8問以上の正解者の中から、バリスタ体験イベント
への招待がプレゼントさせるそうです。


東京でのバリスタ体験イベントが3月30日。
大阪でのバリスタ体験イベントが3月29日。


ということで、この応募締め切りが3月の16日となっています。


スタバのバリスタ体験イベントに参加してみたい人は、
スタバのサイトにアクセスして、スターバックスラテの秘密
クイズにチャレンジしてみてください!


 http://www.starbucks.co.jp/secret/index.html



ちなみに僕は7問正解でシナモンローストレベルでした。トホホ。






バリスタの近道!スターバックスの求人を探す!
フリーワード検索で“スターバックス”と入力で求人情報が
見つかります。





「こんなカフェを開きたい」カフェ開業のスキルが学べる
                



カフェスクール ベルエポックのカフェめし体験レッスン





マクドナルドのコーヒーを無料で試してみませんか?




アメリカのマクドナルドが、エスプレッソコーヒーなど付加価値の
高いコーヒー分野へ進出するというニュースがありました。
詳しくはコチラ⇒ “マクドナルドがスタバと対決


その影響かどうかは定かではありませんが、日本マクドナルドでも
プレミアムローストコーヒーというメニューが2月15日から新しく
メニューとして加わるのですが、そのプレミアムローストコーヒーを
無料で飲むことが出来るそうです。

 プレミアムローストコーヒーをタダで飲む方法



通常、このプレミアムローストコーヒーは、100円メニューとして
販売されるそうなのですが、ある条件のもと無料で飲むことができる
そうです。


その条件に関しては、上記のマクドナルドHPリンクでチェックして
いただくとして、このコーヒーは、


 「特定の原産地の農園で採れた豆のうち、厳選された良質な
  ものだけを輸入して使っています。
  さらに、香り・酸味・コクのバランスを整えるために、
  4種類のコーヒー豆を独自の割合でブレンド。
  これより、どんなメニューとも相性が良く、コーヒー本来
  のおいしさが味わえるオリジナルテイストに仕上がって
  います。」(マクドナルドHPより)


と、マクドナルドも自信の一品のようですね。


バリスタを目指す方であれば、いろいろなコーヒーの味を自分の
舌で味わってみるのもいいのではないでしょうか?


しかも、ある条件を満たせば無料でこのプレミアムローストコーヒー
が飲めるんですから。



ちなみに、無料でこのマクドナルドのプレミアムローストコーヒーが
飲めるのは、



 2月19日(火)、2月26日(火)、3月4日(火)3月11日(火)
 いずれも14:00から24:00まで


だそうです。


是非、ご賞味アレ!




人気エスプレッソマシン売れ筋ベスト30

 




美と食のスペシャリスト 飯野耀子さんの「食育」特別セミナー



有楽町『イトシア』にドトールは新業態「バリッシモ」を、プロントはespressamente illy(エスプレッサメンテ・イリー)を!

コーヒーショップが、次々と新業態を展開して始めています。

東京・有楽町に新しくオープンする商業施設、『イトシア』に
ドトールが、『バリッシモ』、プロントが『espressamente illy
(エスプレッサメンテ・イリー)』をオープンします。


どちらも、軽食とアルコールを提供するイタリアンスタイルバール
となります。


アルコールの販売もさることながら、バリスタが淹れる本格的な
エスプレッソが話題を呼びそうです。


特に、プロントのエスプレッサメンテ・イリーは、イタリアでは
有名なilly(イリー)とのタッグですから、そのエスプレッソは
本格的。


しかも、アルコールや軽食も提供するので、ただエスプレッソを
作るだけではなく、お店全体の雰囲気も掴むこともできるので、
バリスタを目指す方も、勉強になるのではないでしょうか?



エクセルシオールカフェでのノウハウを蓄積した上での参入と
なる、ドトールの『バリッシモ』も、注目です。


今後、両社とも多店舗化を視野にいれており、バリスタを取り巻く
環境も大きく変わってきそうですね。
バリスタというと、どうしても男性のイメージが強いようですが、
スターバックスなどもそうですが、女性が活躍しやすい雰囲気も
作られていますから、こういうイタリアンバールやカフェが増える
のは、バリスタを目指す女性にとっても嬉しいことですよね。
女性に人気の仕事BEST30!


本格的なバールなどで修行するのもいいことですが、まだバリスタ
という仕事に興味がある程度であれば、いきなりそういう場所で
修行をして、挫折感を味わうよりは、まずは、こういうお店で
エスプレッソの淹れ方、お客様との関わり方などを学んでみるのも
良いかもしれませんね。
バリスタとしての経験を積める場所を探す


そこで、コーヒーやエスプレッソをもっと極めたい!勉強したいと
思ったら、そこではじめて本格的バリスタ修行の門を叩いてもいい
のではないでしょうか?


カフェ、バリスタの仕事情報をネットで立ち読みしてみる?


珈琲工房HORIGUCHIのコーヒーを飲みながらコーヒーの資格が取れる!

お店のコンセプトにあった豆選び

カフェやバールはもとより、コーヒーやエスプレッソを出す
お店にとって、どういうコーヒー豆を選ぶかは重要なポイント
です。


基本的には、そのお店のコンセプトを第一に考え、それに合った
豆を選ぶべきでしょう。


自分で納得する豆を選んで使うべきです。


日本では、エスプレッソ用のブレンドも、3種類くらいの豆を
使って、作ることが多いそうです。

苦味、甘み、酸味が特徴的な豆を1種類くらいづつ配合するわけ
ですね。


イタリアでは、最低5種類の豆をブレンドするようです。


エスプレッソのあの絶妙な味を引き出すには、それくらいの
手の入れようが必要なんでしょうね。



とはいっても、選ぶ基準は、


 『 おいしいか、まずいか 』。


やはり、自分のお店で出す豆ですから、自分が自信を持って
オススメできる豆じゃないと意味がないですよね。



当然、お店で使うエスプレッソマシンとの関係もあるので、
何種類かを買って、マシンにかけてみて、味を確かめる。


それで納得したものを使うようにしたいものです。



バリスタに求めらる力  忍耐力


バリスタとして一人前になるには、これはある意味、精神力にも
通じますが、それなりの時間と努力が必要です。


当然、就業中は怒られることも多いし、バリスタなる上で自分が
望んでいることをすぐにやれるようになるわけでもありません。


バリスタを目指すんだから、当然、お店に入ればすぐにでも
エスプレッソマシンを使わせてくれると安易に働き始める人も
いて、それが叶わないとなるとすぐに辞めてしまう人もいます。



これって、とってももったいないですよね。



もう少し我慢すれば、マシンを触れるようになったかもしれ
ないんですから。



確かに、修行をする立場だと、とっても焦ると思います。


来る日も、来る日も洗い物ばかりだったら、本当に自分は
バリスタになれるんだろうか?と不安にもなりますよね。



でも、やはりお店にはお店の事情というものもありますし、
その人のことをしっかりと考えた上で、指導の計画を立てて
いるものなんです。



ただ我慢をすれば、バリスタとしての知識や技術が身につく
ものでもありませんから、こちらから積極的に教えを請うこと
も重要です。



そういう積極さを持ちつつ、自分は教えてもらう立場なんだ!
ということを十分に理解し、自分自身の目標を達成するために、
忍耐力も必要なんだということをしっかり認識してもらいたいと
思います。










 


 
 

バリスタに求めらる力  接客力




お店に入ると、元気で明るい笑顔に迎えられると、お客の立場と
してはとっても気持ちがいいものですよね。



でも、ただ単位愛想を良くすることが接客ではありません。



接客は文字通り、お客様と接する力ですから、お客様に接する上で
求めらるモノ全てを身につけておかなければなりません。




例えば、商品。


これは当たり前といえば当たり前。



でも、お店に行って、メニューの説明を求めても、ほかの人に
聞きにいったりして、すぐに明確な回答を得られなかったりと
いうことは少なくありません。



やはり、そのお店に勤めている以上、そのお店のメニューは
もちろん、お店にないメニューでも、知識として知っておき、
お客様に訪ねられたらすぐに答えられるようにしたおきたい
ですよね。



また、お客様のことを知りたいと思うこと、これも重要です。

例えば、何度かお店に来てくれているのに、


 「初めてでらっしゃいますか?」


なんて聞かれたら、ちょっと不愉快な気持ちになりますよね。


また、お客様が慣れていないようであれば、いろいろな説明を
聞かれる前にしてあげることも重要です。


ほんのちょっとした気遣いとか会話によって、お客様というのは、
満足されるし、嬉しい気分になるものです。


そのためには、常にお客様に興味を持ち、観察し、そこで気付いた
ことを上手くお客様に伝え、コミュニケーションをとることが求め
られますね。







バリスタに求めらる力  運営能力




運営能力は、お店全体を引っ張っていく力のことです。



仮に、何か企画を考えても、人任せでは、自分のやりたかった
ことを実現することはできません。



自分の思いを伝え、それを実現するために、お店全体を動かして
いく力が必要になります。



そのためには、人間的な魅力というものも必要になってきます。



いくら凄い企画を作っても、自分はまったく動かず、文句ばかり
を言っているように人にあなただったらついていきたいと思い
ますか?


イヤでしょう?



そういう人からは、どんどん人が離れていってしまいます。



やはり、みんなのことに気を使い、みんなが動きやすい環境を
作ってあげることで、信頼を得、目的を達成することができる
わけですよね。




これは、お客様との関係でも言えます。


お店を運営する上で、お客様に信頼されなければ、お店を繁盛
させることもできません。



逆に、人間的な魅力を持っていれば、あなたのことを助けたいと
思うお客様も出てくるでしょう。



そうすれば、お客様がお客様を呼ぶ、口コミが起こります。



そういうお店を、スタッフを、お客様を動かす力、というのも
バリスタには欠かせない力の一つですね。

バリスタに求めらる力  企画力




お客様が求めるものをどうやって商品にしていくか?どういう
カタチで提案をしていくか?という、企画力もバリスタには
求められます。



例えば、お客様から要望のあったメニューを、そのまま
新メニューとして出していくのか、それとも少し工夫を
して、よりリーズナブルなカタチでオススメしていくのか?

期間限定でいくのか?などお店の全体的なバランスを
とりながら考えていかなくてはなりません。


商品内容や構成は、地域性にもよって変わってきますから、
お店の周辺環境、お店にいらっしゃるお客様の客層分析など
も欠かせませんね。



大手のチェーン店であれば、そういう企画などは本部で全て
取りまとめてもらえますが、個人でやる場合は全て自分で
やらなくてはいけません。



大手チェーン店の場合でも、スターバックスなどでは、
スタッフ一人ひとりにある程度お店の運営を任せてしまって
いるところもあります。


そういうところでは、ただ本部から言われたことをやるのでは
なく、自主的に考え行動しなくてはなりません。



特に、近頃は、マニュアル的な対応だけでなく、個人の自主性
というものを求められることが、増えてきています。



お店の売上を上げていくために、自分たちのお店で何ができるのか?
そういったことも、日頃から考え、情報のアンテナを張り巡らして
おくことが企画力を高めるポイントになります。







バリスタに求めらる力  知力




バリスタは、カウンター越しにお客様と会話をしなくては
なりません。


それは、日常会話から政治・経済、時にはお客様の趣味など、
自分にはあまり関心のないことでも、盛り上げていかなくては
なりません。



だからといって、知ったかぶりをしたとしても、お客様には必ず
ばれてしまいますから嘘をついてまで会話を盛り上げることは
ありませんが、少しでもお客さまの話に興味を持ち、知らない
ことであれば、



「是非、教えてください」



という、態度でお客様の話を引き出すようにした方がいいです。



出来れば、広く浅くでもいいので、新聞を読んだり、ニュースに
興味を持って見てみると、会話が広がっていきます。



また、お店の周辺や地域情報はしっかりとチェックしておく方が
いいですね。



お客様の中には、


 「近くにいいお店ない?」



なんて聞いておられる方もいらっしゃるでしょうし、目的地への
道順を尋ねてこられる方もいらっしゃるでしょうから、そういった
ことを頭に入れておくことも必要です。


そうすることで、お客様のあなたへの信頼が高まるわけです。


この人に聞けば何でも答えてくる!って感じで。



もちろん、そういったこと以外にも、コーヒーやドリンクなど
商品に関する幅広い知識もお客様が満足のいく選択をする上で
必要となるものです。


決して知識をひけらかすのではなく、お客様を楽しませ、信頼を
得るためにも知識は求められるし、その伝え方も重要になって
きます。






バリスタに求めらる力  精神力




最初のうちは、どうしても下働き的な感じになって、上司や先輩
からガミガミいわれたり、ミスの責任を押し付けられたりします。



時には、


 「なんで自分がココまで言われなくちゃいけないんだ!」


 「オレは悪くない」


 「オレは、こんなことをするために、ここで働いているんじゃない」




などと、不満を口にしたくなることもあるでしょう。



こんな風に、気持ちが折れると、弱気な気持ちが態度や表情に
現れてしまいます。


態度や表情だけならまだしも、お客様にお出しするエスプレッソの
味にも影響してしまいますから気をつけたいものです。



人は、どうしても楽な方に逃げてしまいがちです。

怒られると、そこで働きたくなくなるし、失敗をすると、それを
するのが、怖くなる。


そうすると、いつも同じ失敗を繰り返し、余計に弱気になって
しまいます。



こればかりは、誰かに教えてもらうというわけにもいきませんから、
自分自身で精神力を鍛え上げなくてはなりません。



お客様の中には、口うるさい人も中にはいらっしゃいます。



でも、そのお客様を満足させてやるって、くらいの強い気持ちに
なれれば、たとえVIPのお客様がいらしても平然としていつも通り
エスプレッソを淹れられるようになるはずです。






バリスタに求めらる力  体力



バリスタとしてやっていく上で求めらるモノには、いくつか
あります。

そこで、ココでは7回に分けて、バリスタに必要なモノについて、
ご紹介していきたいと思います。




 「 体力 」



まず、最初は、“体力”です。


まぁ、当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、
この体力は、ただ単に過酷な仕事に耐えられるということ
だけではなく、自分自身をコントロールするためにも重要
なんです。



やはり、バリスタとしてお店に立っている以上、自分がどんなに
疲れていても、お客様と向き合っていかなくてはなりません。



体力がないと、ちょっとした気の緩みで、笑顔がなくなったり、
動作が鈍くなって、お客様に不愉快な思いをさせてしまうことに
繋がるかもしれません。


特に、バリスタという仕事は、立ち仕事ですし、店内を動き
回ったり長時間の労働になることもあります。



そんなときに、モノをいうのが体力です。


体調が万全であれば、気力も充実してきます。


そうすれば、ちょっとしたトラブルでも機転を利かせて、難なく
回避することもできますからね。



また、体力が落ちると、エスプレッソの味にも影響してきます。

同じようにやっているつもりでも、ちょっとした注意が欠けたり、
エスプレッソへの愛情が欠けたりするものです。




仕事をきっちりと進めていく上でも“体力”というのは、とっても
重要なモノなのであえて一番最初に持ってきました。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。