スターバックスにNOを突きつけた国とは? バリスタ!バリスタになる!エスプレッソのプロになる

スターバックスにNOを突きつけた国とは?

バリスタと言う言葉を日本に浸透させたスターバックスがある国で
撤退を余儀なくされているそうです。

これは、新華社通信が伝えたもので、オーストラリアにある
チェーン店舗84店舗のうち61店舗を撤退させることを決定した
そうです。


スターバックス側は、現在のところ具体的な店舗削減の理由は
公表していないようですが、スターバックスのある担当者は、

「オーストラリア市場は、コーヒー文化に対して非常に
 成熟したものを持っている」

とはなしたそうです。


確かに、オーストラリアにはイギリスだけではなく、トルコや
ギリシア、イタリアなどからの移民も多くいて、コーヒーの
ことに詳しいため、スターバックスのようなちょっとモダンな
イメージのあるコーヒーやフラペチーノといったドリンクには
抵抗があるのかしれませんね。


以前、このサイトでも紹介したとおもうのですが、オーストラリア
では、日本からバリスタの勉強のため、短期留学している人たちが
けっこういるんです。


  オーストラリア 2週間バリスタ養成コース



このバリスタ養成留学というのが、今、とっても人気なんだ
そうです。

オーストラリアの開放的な気候のもと、バリスタとしての技術や
知識を身に付けることができ、しかも英語まで勉強できちゃう訳
ですよね。


そりゃ、人気もでるのが分かります。


しかも、冒頭の話のようにコーヒーにはうるさいお国柄。
美味しいコーヒー、エスプレッソの入れ方やデザインカプチーノ
などのテクニックを身につけることができそうですね。


オーストラリア 2週間バリスタ養成コース
↑こちらのページにも書いてありますが、現在、オーストラリアでは
新しいカフェがどんどんオープンしているそうで、求人欄には、
「バリスタ講座を受けたことのある人」「バリスタ経験のある人」を
条件にあげるところが少なくないそうです。

それだけ、バリスタ講座というものに注目が集まっているんでしょうね。


オーストラリア 2週間バリスタ養成コースに関する詳しい内容は
無料で受け取れる資料をご覧いただきたいのですが、バリスタの
スキルや知識をオーストラリアで身に付ければ、日本に帰国後、
それを履歴書などにもかけるのであなたの売りにもなりますし、
場合によっては、オーストラリアで受講したバリスタ養成講座
ですから、オーストラリア国内のカフェで働くこともできるかも
しれませんよ!


是非、オーストラリア 2週間バリスタ養成コースチェックしてみてください。



オーストラリア 2週間バリスタ養成コース
 ⇒ さらに詳しく・・・







この記事へのコメント
スタバのコーヒーが一番おいしくない。
Posted by ん。 at 2012年02月08日 17:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。